賃貸で賃料交渉がしやすい時期

賃貸物件において賃料交渉がしやすい時期として5月と11月があります。ピークを過ぎた後の時期です。

賃貸で賃料交渉がしやすい時期

賃貸で賃料交渉がしやすい時期

需要があると思って多く仕入れて販売したものの売れ残ることがあります。このまま置いていても価値はどんどん下がる一方なので早めにさばいたほうがいいことがあります。値引きをして売り切ることを行うのです。そうすることでそのままにしておくことによる損失を防ぐことができるようになります。ものだけでなくサービスにおいてもピークがあります。ピークを過ぎると一気に利用者が減るためにそう簡単には利用してもらえなくなります。

賃貸物件においては3月がピークと言われます。そして4月も多少その流れがあるのですがそれも中旬ぐらいまででそれ以降はピークの時の忙しさが嘘のような状態になります。こうなると利用してもらえなくなるので、大家さんとしては多少賃料などを下げて対応しようとしてくれます。少し下げようと思ってくれているので、こちらが下げて欲しいと言えばそれに応じてくれることはあります。時期としては5月に入った後ぐらいになるでしょう。

学生物件ではないかもしれませんが一般物件であれば11月も価格交渉がしやすいと言われます。人が動きやすい9月10月で残っている場合にそれ以降にしばらく入居してもらえないことがあるからです。タイミングが大事になります。